HOME | 2018年度総会

「特定非営利活動法人 消費者支援かながわ」2018年度総会を開催

 高齢化社会の加速並びにインターネットの急速な普及に伴う国を越えた商取引の増加により今までにも増して消費者被害の巧妙化・多様化が進んでいる中で、その集団的救済や未然防止・拡大防止を図るべく、適格消費者団体としての認定取得を目ざし2015年4月私たちはこの神奈川の地に当法人「消費者支援かながわ」を設立いたしました。あれから3年の月日が流れ、その間、神奈川県、横浜市、神奈川県生協連を初めとする関係諸団体の皆様からのご厚情を賜り、数々の申入活動並びに啓発活動に邁進してきました。それらの実績を踏まえて、いよいよ適格消費者団体の認定申請をする運びとなりました。そのような状況の中で、神奈川県くらし安全防災局くらし安全部消費生活課並びに横浜市経済局市民経済労働部消費経済課よりたくさんの来賓の皆様にご出席いただき、2018年度総会を開催いたしました。
 冒頭に、武井理事長より開会のご挨拶として認定申請に向けて財政的な基盤及び事務所の移転等について神奈川県及び横浜市並びに関係諸団体の多大なるサポートによりそれらの礎は確固たるものになったことの御礼とともに認定後も引き続きのご協力を賜りたい旨を話され、併せて、認定取得後の活動にて真価が問われることになるので気を引き締めていかなければならない主旨を述べられ、認定取得の意味の重要性について関係者全員が再認識いたしました。
 また来賓を代表して、神奈川県くらし安全防災局くらし安全部消費生活担当部長の高瀨正明様より、消費者トラブルの巧妙化・複雑化により消費者行政の限界も見え隠れする中で心強いパートナーとして当法人との関係強化を図っていきたい。その為に差止請求権行使の際に適格消費者団体へ必要な情報提供ができるように、条例改正し制度面での関係強化は一歩前進した。後は、当法人の認定取得に期待したいとの激励のお言葉をいただきました。また、横浜市経済局市民経済労働部長の江南眞人様からは、昨年末より当法人がゆめおおおかオフィスタワーに事務所を移設することにより、消費者トラブルの解決、未然防止に向けた神奈川県、横浜市、当法人の連携関係は整った。適格認定を取得され、更なる活躍を祈念する旨のご挨拶をいただき、改めて関係諸団体の皆様からの期待の大きさを認識すると同時に認定取得後の活動への取り組みに対して身が引き締まる思いを関係者一同が共有いたしました。
 末筆ながら、消費生活担当部長の高瀨正明様を初めとします神奈川県くらし安全防災局くらし安全部消費生活課の皆様並びに市民経済労働部長の江南眞人様を初めとします横浜市経済局市民経済労働部消費経済課の皆様、ご多忙の中、ご出席いただきまして、どうも、ありがとうございました。改めて、御礼申し上げます。
 
総会概要
日時:2018年5月22日(火)18時~19時30分
会場:神奈川県司法書士会館 3階
   横浜市中区吉浜町1
出席者:会員116会員中76会員出席
(採決時:実出席33会員、書面出席20会員、代理出席23会員)
次第:
 司  会:松井 弘子(司法書士)
 開会挨拶:武井 共夫(弁護士)
 来賓挨拶:高瀨 正明 様(神奈川県くらし安全防災局くらし安全部消費生活担当部長)
 来賓挨拶:江南 眞人 様(横浜市経済局市民経済労働部長)
 行政関係者紹介:神奈川県くらし安全防災局くらし安全部消費生活課
         横浜市経済局市民経済労働部消費経済課
総会
 議長選出     上村 政行 副理事長(司法書士) 
 議事録署名人選出 鈴木 義仁 副理事長(弁護士)
          髙木 真治 事務局(司法書士)
 書記指名     安江 満雄 事務局
 
 議案提案:
 第1号議案 2017年度事業報告承認の件
 第2号議案 2017年度決算報告承認の件/監査報告
 第3号議案 2018年度事業計画(案)
 第4号議案 2018年度活動予算(案)承認の件
 第5号議案 役員選任の件
  以上、すべての議案が承認されました。

 
 
 
 
 

来賓挨拶:高瀨 正明 様
神奈川県くらし安全防災局くらし安全部消費生活担当部長

来賓挨拶:江南 眞人 様
横浜市経済局市民経済労働部長

全ての議案が承認されました

選任された役員