HOME | 理事会報告 | 2017第8回理事会報告

2017年度第8回理事会報告

 

1.日時:2018年2月26日(月)18時00分~19時28分
2.会場:神奈川県生活協同組合連合会会議室
3.出席者:理事総数16名、出席理事14名 (当日出席12名、書面出席4名)
       監事総数2名 出席監事1名
       事務局7名
4.議事の経過の要領及びその結果 
 上記のとおり出席があったので、18時00分、理事長武井共夫は、定款第32条の規定により議長となり、開会を宣し議事に入った。
 
 書記:安江満雄事務局
 議事録署名人:山口友範理事
 
 なお今回も、理事会開催前に法律専門家理事により、第1号議案につき法的な論点の整理が行われた。
 
Ⅰ【確認事項】
 2017年度第5、6、7回理事会議事録が確認された。
Ⅱ【審議事項】
第1号議案 カーシェアリング事業者申入れについて
 芳野直子理事より提案があり、消費者契約法第8条、第9条の趣旨と、事業者の約款第26条の読み方につき、検討委員会で確認のうえ、再度理事会に提案することとし第1号議案を継続案件とした。
 
第2号議案 業務規程について
 松井弘子事務局より消費者庁との折衝をすすめている。事務局で消費者庁を訪問する予定。事務所開所時間(週3日、午後1時から4時まで。)は、最も短い適格消費者団体でも、週3日、午後4時間の開所となっているとの指摘を受けている点を含め、全体の感触を得てくる旨の報告があった。
 
 理事より、第9条のHPで取得する情報の暗号化につき、費用面を含め検討するよう提起があった。第2号議案は暫定承認とし、微修正後の案文を正副理事長が一任を受け、承認していくこととした。
 
第3号議案 横浜市目的外使用許可更新申請について
 山内潔事務局より行政財産の目的外使用許可は年度更新であり、4月からの使用許可申請を行う。認定を見込んで6月30日までの期間としたい旨の提案があり承認された。  
 
第4号議案 2018年度総会に向けて
 山内潔事務局より2018年度理事会開催日程について提案があり、第1回~第3回及び2017年度4月理事会の開催日を承認した。
 第1回:5月22日(火) 第2回:6月21日(木) 第3回:8月27日(月)
4月理事会:4月16日(月)
 
Ⅲ.報告事項
 1茶のしずく石鹸被害救済神奈川県弁護団からの寄付
  芳野直子理事より、56万円を当会に寄付するとの報告があった。
 2.公益財団法人横浜市消費者協会との覚書締結について
  山内潔事務局より、覚書光熱水費算定の協議状況につき報告があった。
 3適格消費者団体認定申請に向けてのお願い
  松井弘子事務局より提出書類について報告があった。
 4.委員会活動報告
  (1) 検討委員会報告
     芳野直子理事より活動報告があった。
  (2) 活動委員会報告
     松井弘子事務局より活動報告があった。
 5.会員状況について
  山内潔事務局より会員状況について報告があった。
 
以上